ニュージーランド南島マス釣りサポート

NZマス釣りサポート NZマス釣りアクセススポット NZマス釣りスプリングクリーク
ニュージーランドに個人自由旅行でマス釣りだけ
を目的に、また観光旅行中にマス釣りも楽しもうと
考えている方に必ず役立つ情報を現地在住者が
お届けしています。
マタウラ川

NZ南島マス釣りサポートではニュージーランドに
やって来てマス釣りを楽しもうと考えている方々に
向けて、マス釣りで有名、そして人気の川や
湖へとレンタカー、
またはレンタルキャンピング
カーを利用して観光地や最寄りの町から通う
ことを前提として、その川への徒歩で入って行ける
アクセスポイント、アクセスゲートのマップ

始め、その川のマス釣り規定や注意事項、
その川でお勧めのフライ、最寄りの釣具店、
レンタル釣り具店などの情報を紹介しています。
NZ南島マス釣りサポート
の情報でマス釣りを
楽しみながらNZ南島の個人自由周遊旅行を
楽しんでみて下さい。

フィヨルドランド国立公園内エグリントン川

NZ南島の主要観光地からレンタカーで通うことのできるマス釣りで有名、人気の川、湖

マス釣りでは人気の川や湖に近いスーパーマーケットやモーテルはある小さな町、村

太平洋から遡上してくるサーモン釣りで有名な川近くの町

ニュージーランドにトラウトフィッシングのためにやって来る前に知っておきたいNZのマス釣り事情

NZ南島でのトラウトフィッシングシーズンについて

NZ南島フィッシングレギュレーションパンフレット ・ニュージーランド南島の主な川の釣りができる期間は10月から4月までが多く、
11月や12月から解禁の川もあり、終了が5月までという川もあります。
また大きな湖や大きな川の海にそそぐ下流域は1年中釣りには解放されて
いたりします。詳しくはFish&GamesNZのサイトのPDFパンフレットで分かります。

・NZ南島の春(9月~11月)はまだ冬の名残が多く残り、川の水温も雪解け水が
流れ込み低水温の流れが多い。

・また春は天気も変わりやすく、どこも強い西風が吹き荒れる日も多い。

・12月ぐらいから各清流の水温も12-14度ぐらいまで上がるようになりマスも活発に
なりハッチも多くみられるようになります。

・NZも12月中旬から1月一杯の間が夏休みになり、ここに取り上げている清流
にも家族連れの釣り人も見られるようになります。また河原などでは地元の人
たちがキャンピングカーで一か月ぐらい過ごす姿も見られるようになります。

・NZ南島の夏は12月~2月)は日の入り時間も大変遅くなり(PM21:00前後)、
夕まずめのハッチを狙う人は日の入り時間もチェックしたほうがいいでしょう。

・各マス釣りで人気の川には3月ぐらいまで釣り人の姿も見られるけど
(日本の川ほどでは決してありません)4月、5月には釣り人の姿は途絶えます。

・NZは春から夏にかけて梅雨の時期などはないけど、時には大雨の日が一日
あってその一日だけでもどこの川も直ぐに増水します。しかし雨が止めば2-3日後
には川の水量も減り、濁りがなくなる清流が多い。これは上流域で雨が降って
いる場合は数時間のうちに川の水量が倍以上になることがあるということでも
あるので注意が必要です。
 
NZフィッシングライセンスについて 
NZフィッシングライセンス ・NZの川や湖で釣りをする場合は必ずライセンスを購入&携帯することが必要になります。
海外に郵送はされていないようなので、オンラインで販売されていても日本から購入する
ことはできないでしょう。

・NZに到着後ライセンスを販売している釣り具店やスポーツショップ、小さな町なら
ガソリンスタンドなどで購入できます。

・24時間限定のライセンス有効開始時間は購入場所でその日時を決めることができるので、
例えばクライストチャーチで購入後2日後の西海岸の川で釣り始めることも可能。

2014シーズンのNZフィッシングライセンス料金 (11歳以下は無料)
 シーズンライセンス(13-14WholeSeason);NZ$124/大人, NZ$24/ジュニア(12-17歳)
 24時間ライセンス(24Hour);NZ$23/大人, NZ$7/ジュニア(12-17歳)
釣り具のNZ持ち込みについて
NZ入国審査カード ・08年10月以降NZではフェルト底のウェイダーは下記のディディーモ拡散防止の
ため使用禁止となっています。ウェイダーを持ち込む場合はラジアル底の
ウェイダーだけ持ち込み可能となります。

・NZ入国の際に提出する入国カードの質問欄において釣り具を持ち込むこと、
釣りが旅行目的の一つであること、またフライを持ち込むことなどは隠さず申告する
よう心掛けて下さい。虚偽の申告は罰金の対象にもなります。

・ウェイダーはもちろんのことシューズやフィッシングベスト、帽子、フライボックスなど
には枯葉や泥などが付いていないよう洗浄、そしてしっかり乾燥させた状態で持ち込む
ようにしていたほうがいいでしょう。

・フライを持ち込む場合は加工品となる完成フライを持ち込むほうがいいでしょう。 
ディディーモ(Dydimo)について
ディディーモ洗浄方法日本語パンフレット ・NZでは2004年以降それまで南半球では見られなかったDydimoという藻が
海外から入ってきて急速にその生息域を拡大させています。
 その拡散を防止するためにもフエルト底のウェイダーが使用禁止になった
のですが、基本的にはNZで釣りをする際はウェイダーや川に浸かった
釣り具などを洗浄殺菌しないまま別の川に移動は禁止されていると思って下さい。

日本語でのディディーモ洗浄方法パンフレットも出ているのでその洗浄方法に
従って釣りに出かけた後は釣り具の洗浄に努めて下さい。
 旅行中に60度のお湯や漂白剤など手に入らないかもしれませんが、食器用洗剤
などはガソリンスタンドなどでも安く購入できるでしょう。
ニュージーランド南島の牧場について
マタウラ川パブリックアクセスゲート 牧場のゲート前の駐車は50m離れて
牧場へは車の進入禁止、徒歩のみ 釣り人のための牧場の柵越えステップ
牧場のゲート。ここからは徒歩のみ 川への接近は牧場の許可が必要
・NZは全国に牧場が広がる国です。その牧場の中に清流が
流れていることはごく当たりまえで、牧場の中へと入って行か
なければ川にはたどり着けないところが普通だと思って下さい。
 その牧場の中の土地は私有地です。フェンスや柵もその
牧場の私有物だと思ってください。牧場の中を車で入っていける
ところは珍しいと思ってください。指定されたアクセスポイントの
ゲートから牧場の中へと入って行くことにして下さい。

・牧場の中に流れる川へ徒歩で入って行くのにもその牧場の人から
許可が必要な場合があります。多くの場合は牧場の家に訪れ
一声かけるだけで済む場合があります。牧場の家が分からない
場合は最寄りの牧場で働いている人に聞いてみるのもいいでしょう。
また釣り具店の人に連絡先を聞いてもいいでしょう。許可を得て
牧場の中へと入る場合は釣った魚を一匹は感謝の印としておいて
帰るのがエチケットとされてます。

・NZ南島の羊の牧場は9月から10月にかけてが出産のシーズンと
なります。この子羊(ラム)の季節だけは牧場の中への侵入を禁止
している場合があります。

・牧場のフェンスや柵はどこまでも張り巡らされているのが普通です。
近道だからと言ってその柵を無理やり乗り越えて壊したり、倒す
ようなことをしないためにも遠回りでもゲートを探してそのゲートを
使って出入りしてください。

・牧場には時に大型トラクターや連結トラックなどが出入りする
ことになります。アクセスポイントが牧場のゲートとなって、
そのゲート付近に車を駐車する場合はゲートから離れたところに
駐車させるよう心掛けてください。

 

マス釣りNZ周遊旅行をするときにレンタカーを利用する際のアドバイス

 このサイトで紹介している川へのアクセスポイントはどこもほぼその道のりは
舗装化された国道を走っていけます。だからレンタカーも普通車で十分。
基本的にの牧場の中に流れる川へはアクセスゲートを徒歩で入って
行くことになります。ただしラカイア川河口へは4WD車が必要です。

NZマス釣りアクセスポイント

ニュージーランドの格安レンタカーを見つけられるサイト

NZ国内中小レンタカー会社から選ぶなら
エ-スレンタカーがお勧め

大手レンタカー会社から選ぶなら、料金を比較後
最安値の格安レンタカーを車種別に選べる
Rentalcar.comがお勧め 
ニュージーランドの格安のレンタカーを探すならエースレンタカー
 小型、中型車ならNZ地元会社の中ではここが一番お勧め。
 
 2日以上のレンタルが必要最低期間。

 片道、乗り捨ての場合は7日間以上の条件が追加される。

 もちろん1ヶ月~3ヶ月などの長期間レンタル可能。
Rentalcar.comを使うとエイビス,ハーツ,バジェット,スリフティー,
ユーロッパカーという世界的5大レンタカー会社+NZ国内主要
レンタカー会社の料金を比較後、最安値のレンタカーを車種別に
選択&予約ができます。日本語での検索も可能

 
 クライストチャーチ、オークランド、クイーンズタウン、
ダニーデン、ロトルアなどのNZ国内旅行で利用する主な
空港内にカウンターがあるので到着時に直ちに手続き後
出発が可能。また返却時も飛行機の出発時間に併せて
空港へと向かうことが出来るのでとても便利です。
  
NZマス釣り旅行に格安レンタカー 大手レンタカー料金比較&日本語予約

マス釣りNZ周遊旅行をするときにレンタルキャンピングカーを利用する際のアドバイス

 キャンピングカーをレンタルしてNZを周遊旅行する際に気を付けなければ
ならない基本的なことにキャンピングカーを停めて宿泊できる場所は決まった
ところがあるということです。
牧場の中はもちろんのこと、車で入って行けそうな河原や川に近い道路沿いの
路肩、休憩場所などではキャンンピングカーを駐車して宿泊することは
禁じられてます。ホリデーパークや指定されたキャンピングエリアで駐車&
宿泊することを心掛けてください。

エグリントン川沿いキャンピングエリア

NZのレンタルキャンピングカーの料金比較しながら予約までできるサイト

DiscoveryMotorhomes NZでは
 Apollo, Maui, Britz, Jucy, Backpacker, Kea,など
の大手レンタルキャンピングカー各社の料金の
比較して予約が出来ます。

 クライストチャーチ、クイーンズタウンなどの
空港からニュージーランドキャンピングカーで
マス釣り周遊旅行を始めてみませんか?
NZレンタルキャンピングカー料金比較

マス釣りNZ周遊旅行をするときにアコモデーションを決める際のアドバイス

 ニュージーランドの郊外にある小さな村にはスーパーマーケットやレストラン
などのお店がないことがほとんどです。ある程度大き目の町などのホテルや
モーテルに泊まりながらマス釣りの川や湖へと通うことをお勧めします。
 また小さな町のホリデーパークに泊まる場合はその施設の中のモーテル
タイプの部屋に泊まることを勧めます。モーテルルームには寝具も付属され、
電子レンジなどを含めたキッチンがついています。ほかのキャビン(Cabin)と
呼ばれる部屋には普通寝具はついておらず寝袋が必要で、食器も持ち込み
しなければなりません。

テアナウのモーテル

NZの格安、快適アコモデーションを料金比較して日本語で検索できるサイト

NZの観光地から小さな町のホテル、モーテル、ホリデーパークを料金比較後
日本語で予約するならHotelsCombinedホテルコンバインがお勧め。 
HotelsCombinedホテルコンバインはBooking.Com、Agada、エクスペディア、Hotel.comなど
海外ホテル検索予約サイト(30以上)に出ている料金をまとめて検索でき、そのホテル
料金の比較から予約まで可能なサイト。

ホテル以外にモーテル、バックパッカー、ホリデーパークなどの検索、予約も可能です。
クイーンズタウンの
アコモデーション
ワナカの
アコモデーション
テアナウの
アコモデーション
ゴアの
アコモデーション
テカポの
アコモデーション
トゥワイゼルの
アコモデーション
オマラマの
アコモデーション
ホキティカの
アコモデーション
フランツジョセフの
アコモデーション
フォックスグレイシャーの
アコモデーション
クライストチャーチの
アコモデーション
アッシュバートンの
アコモデーション
オークランドの
アコモデーション
オークランド空港の
アコモデーション
ロトルアの
アコモデーション
タウポの
アコモデーション

NZのフライフィッシングの聖地=タウポ湖、トンガリロリバー
でマス釣りを楽しむための個人旅行情報,フィッシングスポット
が分かるページ=NZブリーズ・タウポ&トゥランギ情報ページ
タウポでのフライフィシングが分かるサイト

このサイトはNZ BREEZE により企画、運営されています。